「神様仏様、時戻し地蔵様っ! オレの時間を、あの日の教室まで戻してくださいっ!!」

“祈りの言葉”をかまずに言い切り、無意識にとったお祈りポーズのまま待つ事しばし――……。

なにも、起こらなかった。

「……マージで~?」

我ながら呆れるほどのマヌケな声が出た。

ツバサ先輩にかつがれたのか……あ、ツバサ先輩ってのは3コ上のバスケ部卒生で、オレにこの伝説を教えてくれた人。
時戻し地蔵に祈って過去に戻り、そのおかげで彼女(ナミさんっていう、すごく笑顔の可愛い人)とうまくいったという。

いや、でも。
ツバサ先輩がウソつくはずなんてない!

■選択肢
1.オレはツバサ先輩を信じるっ!
2.やっぱだまされた……?