おぉ~、聞いてくれるか、心の友よ! アンタ、オレ史上最高にいいヤツだなぁ。

理由というのは――ぶっちゃけ、色恋沙汰で。
高2の1学期終業式直後なんていう、よーし明日っから遊びまくるぞー! なんて、みんながテンション上がりまくってる中、「あたし、転校するんだって」なんて他人事みたいに衝撃の事実を告げてあっさり教室を出て行ったカノジョ――ユマに、想いを告げたいから。

いつもどおりに手を振る事しかできなかった、あの夏の日。
もしも、告白していたら――?

後悔ばかりの日々を終わらせるため、オレはここに来た。
あの日の教室まで、時を戻してもらうために。

――もうすぐ、午前零時。
オレは、すぅ、と息を吸い込むと――……

■選択肢
1.“祈りの言葉”を口にした
2.“祈りの言葉”を口にしなかった