おぉ~、信じてくれるか、心の友よ! アンタ本当にいいヤツだなぁ。

で、なんでこんな話を始めたかっていうと――まぁつまり、今オレは件の時戻し地蔵の前にいるワケだ。

折しも今日はクリスマスイブ。ピカピカのイルミネーションで着飾った街中で、多くの人がワクワクした気持ちを抱きながら楽しい時間を過ごしているであろう日。
なのにオレときたら、寒風吹きすさぶ中、油断するとたらりとたれる鼻水を必死にこらえながら、イルミネーションの光なんて微塵も届かない雑木林に突っ立って、凍えそうになりながらガタガタと震えている。

風邪引くからとっとと帰って風呂でも入れって?
うむ。心の友よ、それは正論だ。一分の隙もなく、隅から隅まで実に正しい。
けれども、オレには帰れない理由がある。

その理由というのは――聞いてくれちゃったりなんかしちゃったりする?

■選択肢
1.聞いてくれちゃったりする
2.聞いてくれちゃったりしない